短期間で合格を目指すパワーポイント(MOS対応)の資格講座

パワーポイント(MOS対応)の資格講座は、プレゼンテーションや企画書の作成などビジネスには必須のツールであるパワーポイントの操作方法を学び、実際の仕事に役立つスキルを身に付け、MOSの資格取得を目指すものです。
MOSとはマイクロソフト社公認の世界基準のパソコン資格で、仕事でパソコンを使うのが一般的になっていることもあり、累計で340万人が受験している人気の資格です。

毎月1~2回全国で実施されるので、勉強を進めて自信がついたタイミングでいつでもチャレンジすることができます。
試験は会場に用意されたパソコンを使った実技のみなので、パワーポイント(MOS対応)の資格講座も学習用ソフトを使って実際にパソコンを操作しながら勉強していく形になっています。

ソフトはゲーム形式でとても楽しく学べますし、過去の出題傾向を分析した内容となっているので試験対策には最適です。
また、操作方法だけでなく実際の活用術についても学べるので、毎日の仕事にすぐに生かすことができるのもメリットです。
1日15~30分程度の学習で、およそ2カ月で資格取得が目指せるカリキュラムとなっているので、仕事との両立も無理なくできますし、得意な人はペースを上げてさらに短期間で資格取得をすることも可能です。




>>>行きたいときにサクッと!気軽に受けられる魅力的なレッスン
スクール・レッスン総合検索サイト「ケイコとマナブ.net」

資格講座を受講してパソコン入門

今まで、販売などの仕事ばかりで、事務職の経験がない人にとって、パソコンは大きな壁になります。
職種を広げるためには、あらゆる資格講座の資料を集めて、検討し、実力をつけたいところです。
パソコン入門レベルの知識は、どんな仕事に就くとしても必要です。たとえば医療事務にしても現在はほとんどコンピュータ化されています。

受付業務などもパソコン入門レベルの知識がある方が採用されやすいようです。
つまり、資格講座を選ぶ際には、どんな職場でも応用のきく、パソコン入門講座を手始めに受講するとよいのではないでしょうか。
パソコン入門講座は、マウスの使い方も知らないはじめての人でも受講できます。

基本的なことが理解できるようになったら、パソコンの資格講座へと進み、資格取得すれば履歴書にも書けます。
パソコン入門講座は、年齢層も幅広く、高齢者でも興味さえあれば、楽しく勉強できます。仕事でパソコンを使用しなくても、家庭で写真を加工したり、年賀状を作ったりといった楽しみ方もできるようになります。

最近ではシニアのパソコン入門講座も増えました。
もう年だからなどといってパソコンを敬遠していると情報にも疎くなります。
パソコンを使いこなせるようになれば世界が広がります。


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

旅行管理者を資格講座で取ろう

旅行管理者は、正式には旅行業務取扱管理者と言います。
旅行業界の中でただ一つの国家資格であり、旅行業界での就職や転職に非常に有利になるでしょう。
もちろん講座なども豊富にありますし、通信講座で資格講座を勉強することもできます。

旅行管理者の具体的な内容は、旅に関する知識、技術を有していることによる、旅行内容の説明や契約の締結、プランの作成、管理、監督から、広告が適切かどうか、トラブル対応など、旅行のプロフェッショナルならではの内容です。
旅行会社には営業所ごとに一人は旅行業務取扱管理者がいなければならないと法律で決められており、この資格の所持者は旅行代理店の業界では絶対に必要な存在です。

国家資格ですが年齢制限を始めとした受験制限が一切なく、誰にでも挑戦ができます。
実務経験も、学歴も無関係です。
ケイコとマナブのこの講座の受験生は80%以上が初心者で、テキストなども分かりやすく勉強ができるような工夫が各所に施されています。

資格講座は毎年の試験を徹底的な分析による出題傾向の予測で作られており、効率のいい勉強ができるでしょう。
分からない点はメールや動画で気軽に質問ができ、実力チェックや弱点チェックもプロによる添削で正確に行えます。

世界遺産検定の資格講座で歴史を学ぶ

世界遺産検定はNPO(非営利団体)法人である世界遺産アカデミーが行う世界遺産に関しての検定です。
遺産にまつわる歴史的な、そして文化的な背景などが問われます。旅が好きな人や雑学好きな人はもちろん、一見趣味の世界ような世界遺産検定ですが、旅行代理店や観光業界などに務めている方や、今後そういった業界で働きたいと思っている就職を意識した学生などのスキルアップにも役立つでしょう。

受験は年齢制限も学歴制限もなく、全国約20ヶ所で行われているのでどなたでもどの地域でも問題なく学ぶことができます。
資格講座ではどのようなことを学ぶのでしょうか。
例えばケイコとマナブでは写真が豊富なテキストの元、各世界遺産についての概要や、覚えるべきポイント、キーワードなどを学ぶことができます。
世界遺産好きならこのテキストだけでも価値が有るかもしれませんね。

また、勉強だけではなく、知識欲も満足させてくれるコラムやトリビアが豊富にあり、決して受かったらもう用済みとはならないクオリティです。
世界遺産を見ることが出来るDVDもセットでついてくるので、趣味としても楽しめるでしょう。
受験はマークシート式です。世界遺産委員会で決定した時事問題が出題されるので、独学ではなくなるべく資格講座の最新の出題範囲から勉強したいですね。

インテリアコーディネーターの資格講座の選び方は?

インテリアコーディネーターとは住人にとっての快適な空間を作るためのアドバイスを行う人です。
公益社団法人インテリア産業協会が認定する資格で、その名の通りインテリアに関する事柄のプロフェッショナルです。
照明器具や家具、住宅設備などについても詳しくなくてはいけません。

インテリアコーディネーターの資格講座をやってみたいという方のために、資格講座の選び方を紹介します。
一度に複数を受講するということも考えられないですし、出来る限りハズレは避けたいですね。
まずは資料請求をしましょう。当然といえば当然ですが、一箇所しか見ずに決めてしまうのはもったいないです。

資料には、どのようなテキストや教材なのか、わからない場合のフォローのシステムは整っているか、教えている人はプロなのか、といった講座そのものの内容から、クーリングオフは可能か、授業料はどうなっているのか、卒業者の就職先などもチェックしたいですね。
昔は写真だけは豪華で、実際に送られてくる教材は別物というケースも有りました。

今ではそんなことはないでしょうが、注意するに越したことはありません。
クーリングオフの可否は特に念入りにチェックしましょう。
有効期限が講座により違うこともあるので、しっかりインテリアコーディネーターの講座を確認して下さい。

カラーコーディネートの資格講座を選ぶ時

カラーコーディネートの勉強をすると、自分の服装や持ち物などのセンスに自信がつくようになります。
また、これまでは冒険できなかった色や、ファッションに挑戦したくなったり、いつもかわり映えのしない色合わせがつまらなくなり、色の世界を広げ、楽しむことができるようになります。

カラーコーディネートの資格講座には大きく二種類あります。
文部科学省後援の色彩検定を目指す資格講座と、 もう一つは、日本商工会議所が主催しているカラーコーディネーター検定試験を目指す資格講座です。
前者は、主催が色彩検定協会ですが、歴史は古く、ファッション業界に強い資格です。

カラーコーディネートの分野によって、目指す資格を選んだ方がよいでしょう。
どちらも履歴書に書いて通用する資格ですし、カラーコーディネートの分野で活躍しようと思うなら、取得しておきたい資格です。
カラーコーディネーター検定試験は1級になると、ファッション色彩、商品色彩、環境色彩の3分野にわかれます。

自分の目指す分野が、ファッションなのか、または商品開発なのか、まちづくりなのかで勉強する範囲も変わってきます。
カラーコーディネートはあらゆる分野にまたがって役に立つ知識です。

ネイリストになる為には資格講座を活用しましょう

ネイルケアを専門に行うネイリストという仕事があります。
この仕事は、爪のケアをおこなったり、ネイルチップの作成やネイルアートや付け爪やジェルネイルの施術など爪のケアから装飾までを総合的に行います。
ネイリストとして仕事をする為には特別な資格は必要ありません。

資格がなくても仕事をする事が出来ますが顧客の信頼を得る為にはネイル団体が行っている資格試験を受けておくと良いです。
1級~4級までありますがネイリストとして仕事を行うのであれば1級を目指しましょう。
ネイルサロンへ就職する時も自分の技術力を客観的に示す事が出来ます。

試験を受ける為の資格講座もありますので、これを活用すると効率良く試験対策をする事が出来ます。
資格講座ではネイルに関する基本的な知識の他、技術的な知識も学ぶ事が出来ます。
ネイルの施術が上手くなる為には、自分で何度も練習をする事が大切です。教材をベースに自分でしっかりと復習をしましょう。

ネイリストの仕事は自分で起業する事も可能です。小さなスペースで出来るお仕事ですので自宅などで行っている人もいます。
自分でサロンを開く場合には、時間なども自由に設定出来ますので、自分が働きやすい時間に働く事が出来るというメリットがあります。

危険物取扱者の資格講座を利用する

人気の資格の一つとして危険物取扱者が挙げられます。
危険物取扱者というのは消防法によって定められている危険物を扱ったり、取扱いに立ち会う為の資格になります。
国家資格になりますので就職や転職の際にも有利になりますし、種類によっては比較的に簡単に合格する事ができるという事もあり、気軽に挑戦できる資格として人気を集めています。

危険物取扱者の分類としては、甲種危険物取扱者をはじめ、乙種危険物取扱者の乙種第1類~乙種第6類、丙種危険物取扱者に分ける事ができます。
人気の資格という事もあり、専用のテキストも豊富に登場していますが、資格講座を活用して勉強を行うのも良いのではないでしょうか。
資格講座のテキストは初心者でも分かり易い内容になっていますので、初めて挑戦する場合でも気軽に取り組む事ができます。

受験する資格によって必要なテキストを提供してもらう事ができますので、自身でわざわざテキストを用意する必要もありません。
資格講座によっては通信でも利用できますので、忙しくて教室通いができない方にも最適です。
もし分からない点がある際にはメールでのフォローも行ってもらう事ができますので、サポートを利用しつつ勉強に励む事ができます。

サービス介助士準2級の資格講座について

サービス介助士という資格は、障害者や高齢者が困っている場合に、適切な介助方法を知り、実践するための資格です。
設備の面から考えると、障害者や高齢者には不十分なことが沢山あります。
例えば、車いすに乗った人や高齢者が段差を上がれず困っていたり、目が不自由な人が道に迷っていたりした時に、介助の仕方を知っていれば適切に手助けすることができます。

サービス介助士準2級の資格講座は、介助に対しての知識を身につけ、深めたいと考える社会人や学生に適した資格と言えます。
仕事や社会貢献のために役立たせることができます。
サービス介助士準2級の資格講座は、通信講座で受講することができ、短時間で効率よく学ぶことが出来ます。

介助経験のない方は、テキストだけでは介助の仕方が分かりにくいので、実際に介助をしているところを収録した、DVDが付属している資格講座を選ぶと分かりやすいでしょう。
サービス介助士としての基本理念、障害者や高齢者に対してのおもてなしの心と介助知識、関連法規や制度について学ぶことが出来ます。

検定試験では、合格基準点が60点以上で試験時間は40分です。
在宅での検定試験での受験も可能なので、忙しい人でも安心して受けられます。
試験の形式は2択問題のマークシート方式になっています。

資格講座で保育士になりませんか

子どもが好き、子どもと接したい、子どもの成長過程に携わりたい、子育ての経験を活かせるような仕事に就いてみたいと思ったことはありますか。
保育士の資格が資格講座にて取得することができるんです。
実は、保育士は足りていません。

女性が社会に進出するようになり両親共働きという家庭は少なくありません。
そのようなときに子どもがいたら『保育所』という存在は必要不可欠となるのです。
保育所が増えている今、保育士も増えなければ待機児童が今以上に増えてしまうのです。

また、保育士資格はきちんと勉強をすれば取得することができるものなのです。
保育士資格には合格人数に定員がなく、競争率を気にすることもなく、満点をとらなかったとしても6割とれていれば合格となるのです。
また、実技科目は三つのうちから自分の得意または好きだと思う二つを選んで合格すればいいのです。

そのうえ、保育士資格は一度にすべての資格を取る必要はないのです。
計画的に三年に分けてとるのでしたら、一年に三科目の合計九科目、もう少し早くとりたければ、一年目は四科目、二年目には五科目と自分の都合やとりたい期間で考えればいいのです。
あなたが働くことでまた1人大きくなる子どもを、みることができます。資格講座であなたも資格をとりませんか。


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ